海ゴミとプラスチックのお話

 その便利さから今の暮らしには欠かせない一方で、海ゴミなどの問題にもなっているプラスチック。今後どのように関わって行くべきなのかを考えるヒントをまとめました。身近な物だからこそ、人任せではなく自分達で考えてみませんか。

わざとではない、悪意のないゴミが多くあります

 海を漂うゴミはどこから来るのでしょうか?
 心無いポイ捨てや犯罪行為である不法投棄がその発生源であることに間違いはありませんが、風に飛ばされた飲料カップ、カラスに荒らされて散乱した収集所のゴミが川に流されて海に出る。
 洗濯排水に含まれる化学繊維やすり減った自動車のタイヤ、洗顔料などに含まれる洗浄成分スクラブビーズなどは、使用者も知らないうちに海を漂うプラスチックの原因になっています。
 海ゴミ、海洋プラスチック汚染を無くすにはどうすればいいのでしょうか。
 まず考えられる事は、今あるゴミを減らすこと。ちらかった部屋を片付けるように、今あるゴミは片づけなくてはいけません。そして再びちらからないように、しなければいけません。
 海ゴミの場合で言えば、ゴミを回収する海岸清掃と、これ以上ゴミを増やさないためにきちんと捨てる事がまず大切になります。そしてゴミになるものを減らすことが何よりも重要です。
 資源の有効活用という点からみても、大量生産大量消費、そして大量廃棄のライフスタイルから、モノを大切にする暮らしへのシフトが、環境に配慮した持続可能な社会へも有効です。
 このように「海がきれい」は街でゴミがきちんと処理されて、資源も有効に活用されて初めて成り立つものです。
 街でゴミを拾えば海ゴミの予防になります。家庭で物を大切に使えばゴミの量が減ります。森で木を育てて活用すれば資源の有効活用になります。
 人の暮らしのすべてが繋がる「海がきれい」は、決して難しいことではありません。


こちらのページの情報はご自由にお使いください。


 メーアは流木素材のペンを販売し、その売り上げをもとに海岸清掃や海ゴミ問題の啓発などの「海を大切にする活動」を行っています。 こちらのページは少しでも多くの方に、海を大切にする活動に目を向けていただければとの思いから作成しています。
 配布などの利用も可能ですが、その際はひとことご連絡をいただけると今後の励みとなりますので、よろしくお願いします。
 ページ内の情報は自ら集めたデータや書籍として発表されている内容などをもとに記載しておりますが、検討の必要な事項や意見の分かれる内容を含むかと思います。より有意義な情報するためにも、お気づきの点やご意見などもどうぞお寄せください。
 ご連絡、お問い合わせは下記の「お問い合わせ」よりお願いします。