海ゴミとプラスチックのお話

 その便利さから今の暮らしには欠かせない一方で、海ゴミなどの問題にもなっているプラスチック。今後どのように関わって行くべきなのかを考えるヒントをまとめました。身近な物だからこそ、人任せではなく自分達で考えてみませんか。

自然に優しい?プラスチック

 プラスチックの多くは石油を原料としますが、植物由来のバイオマス・プラスチックも存在します。
 バイオマスプラスチックと並び今のプラスチックごみ対策の話題に上るもので、微生物の働きで分解される「生分解性」があります。
 生分解性はプラスチックの機能で、石油系プラスチックにもバイオマスプラスチックにもその機能を持つものがあります。見方を変えれば、植物由来のバイオマスプラスチックでも生分解性を持たないものもあります。
 微生物が分解してくれる生分解性、植物由来のバイオプラスチック、これらは自然に優しいプラスチックなのでしょうか。
 確かに水中にゴミとなって留まった網が、分解されて無くなれば生物被害を減らすことが出来ます。ただし分解されるまでに時間は必要で、しかも微生物が活動できない環境では分解が行われません。また分解の効果を期待して、安易な廃棄が増えれば事態はより悪化します。ゴミ対策としての生分解性は、期待するべきではないと考えられます。
 バイオマスプラスチックも、プラスチックとなれば石油系プラスチックと大きな違いはありません。正しく使いきちんと処理をする事が大切です。しかし製造段階に目を向けると、枯渇の恐れがあり地球温暖化の原因ともいわれる石油資源に置き換わるという利点はあります。
 何気なく使っていたプラスチックですが、いろいろと考える時期に来ているのではないでしょうか。


こちらのページの情報はご自由にお使いください。


 メーアは流木素材のペンを販売し、その売り上げをもとに海岸清掃や海ゴミ問題の啓発などの「海を大切にする活動」を行っています。 こちらのページは少しでも多くの方に、海を大切にする活動に目を向けていただければとの思いから作成しています。
 配布などの利用も可能ですが、その際はひとことご連絡をいただけると今後の励みとなりますので、よろしくお願いします。
 ページ内の情報は自ら集めたデータや書籍として発表されている内容などをもとに記載しておりますが、検討の必要な事項や意見の分かれる内容を含むかと思います。より有意義な情報するためにも、お気づきの点やご意見などもどうぞお寄せください。
 ご連絡、お問い合わせは下記の「お問い合わせ」よりお願いします。