MEER

海とモノ コト ヒト

ゆたかな海を未来へ

MEER Project

メーアは海を大切にしたいという仲間の集まり。
メンバーそれぞれが得意分野で「海を大切にする」活動を行い、未来の子ども達にも続くゆたかな海を目指しています。
月に一度の海ごみ調査を兼ねたビーチクリーン「拾う」、マリンクラフトやマリンスポーツなど「楽しむ」、海の教室やWEBを用いた「伝える」の3つを活動の柱にしています。

「拾う」ビーチクリーン

国際海岸クリーンアップ(ICC)の手法に則った海岸清掃活動を、毎月第3日曜日に実施しています。

       

「伝える」海の教室

海の教室、おさかな漢字クイズなど海を知ってもらう、海の事を伝える活動を行います。

       

「楽しむ」マリンアクティビティ

カヤックやSUPなどマリンスポーツ、ビーチコーミングで入手した素材を使ったクラフトワークなど、海を楽しむ活動を行います。

      

メーアについて

 メーアの活動は2012年、徳島県鳴門市の折野簡易郵便局横へコミュニティギャラリーを開設したことが始まりです。そこで取組んでいた地域清掃の途中に、すぐ横の海へ目をやると大量のゴミが打ち上げられていました。

 海をきれいにしたい。その思いから海岸清掃を始め、漂着ゴミの活用から流木を加工したペンを製作販売し、その売り上げを漂着ゴミの処分費に充てる活動を始めました。

 その後地域活性化を目的とした廃店舗の活用に取り組み、リノベーションを行った店舗を「MEER naruto」と名付け、カフェ営業、ハンドメイド雑貨の販売を行いました。その頃に始めた「土曜の朝の海岸清掃」は今の「週末ビーチクリーン」そして月一の「ビーチクリーン+ICC」に繋がっています。(店舗は現在「瀬戸内の海辺の喫茶店AO」さんとして営業されています)

海沿いにたたずむ喫茶店だった建物。使用されなくなり景観や治安の面でも問題でした。
MEERのロゴはこの店舗から見える灯台がモチーフ。人が集う目印になればとの思いが込められています。

海とモノ コト ヒト


 MEER(メーア)はドイツ語で海を表す単語です。活動の拠点だった鳴門市と縁が深く、環境活動の先進国と言われるドイツにちなんで、名付けました。

メーアが目指すのは2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標:SDGs」の目標の一つにもあげられている、海の豊かさを未来へつなげること。

クラフト素材や水産資源、そしてマイクロプラスチックなどいろいろな意味での「モノ」
マリンアクティビティやイベント、情報発信など海への関心を広めるための「コト」
海を大切にする「ヒト」
これらを意識しながら、活動を行っていきます。ご興味のある方はぜひメーアへご参加ください。

        

「MEER tokushima」メーア・徳島

〒771-0376 徳島県鳴門市北灘町折野字屋敷242

メーアではたくさんの方のご参加とご支援をお待ちしております。
お問い合わせは下記「お問い合わせ」のフォームからよろしくお願いいたします。